愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、名古屋市の河村たかし市長は26日の記者会見で、県が設置した検証委員会について「勝手につくったもの。一度ちゃらにしてもらわないかん」と別の組織による事実解明が必要との認識を明らかにした。

 芸術祭の実行委では大村秀章知事が会長、河村氏が会長代行を務める。同氏は「(委員が)なぜ選ばれたのか何の相談もない。挑発的、暴力的に進めるのは(知事の)独断だ」と批判した。

 さらに今後、実行委の運営会議を開き、検証方法や人選についての協議を求めるとした。