東京都足立区の荒川河川敷に生後間もない男児の遺体を遺棄したとして、警視庁捜査1課は26日までに死体遺棄の疑いで、都内に住む17歳の少女2人を逮捕した。男児の母親と、その友人で逮捕は25日。

 捜査1課によると、2人は「赤ちゃんの死体を捨てた」などと容疑を認めている。母親は「援助交際で妊娠し、(遺棄した)前日深夜に自宅で産んだ」と供述。家族は妊娠や出産に気付いていなかったという。男児が死亡した経緯を調べている。

 2人の逮捕容疑は6月24日ごろ、足立区千住曙町の荒川河川敷の草むらに乳児の遺体を遺棄した疑い。司法解剖の結果、死因は分からなかった。