【ワシントン共同】来年の米大統領選を巡り、ウォルシュ元下院議員は25日、共和党から立候補すると表明した。再選を目指すトランプ大統領と党候補者指名を争う。「トランプ氏は大統領にふさわしくない。誰かが立ち上がり、選択肢を提示する必要がある」とABCテレビで語った。ただ、共和党員の間でトランプ氏の支持率は高く苦戦が予想される。

 ウォルシュ氏はトランプ氏について「狂っていて常軌を逸しており、無能だ」と非難。

 ウォルシュ氏は10年の中間選挙で保守派運動「ティーパーティー」躍進の波に乗り、イリノイ州から下院議員に当選。12年に落選後、ラジオ番組の司会者を務めている。