東日本の太平洋側などで暑さが続いた24日、各地の海や山などでレジャー中の事故などが相次ぎ、共同通信の集計では8人が死亡、9人がけがをした。

 静岡県の下田市沖で知人らとダイビングをしていた東京都の東盛泰明さん(54)が意識を失っている状態で見つかり、約2時間半後に死亡が確認された。沖縄県南城市では海水浴をしていた男性が溺れ、その後死亡した。県警が身元確認を進めている。

 島根県浜田市の下府川では、カニ捕りに訪れていた福岡県飯塚市の無職佐伯幹夫さん(78)が浮かんでいるのが見つかり、病院で死亡が確認された。