九回に3点差を追い付かれた広島は4―4の延長十回、1死満塁から会沢の右前適時打で勝ち越した。中崎は3勝目で、遠藤が初セーブを挙げた。九回に4安打を集中して同点とした中日は、十回に岡田が痛打を浴びた。