今月末から韓国で行われる野球のU18ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表が24日、東京都内で練習試合を行った。

 駒大と2試合を実施。大船渡(岩手)の佐々木は第1試合の九回に登板し、1回を無安打無失点、1四球だった。佐々木は「全ての球種のコントロールや質を高めたい」と話した。

 高校日本代表の永田監督は「練習ではどうかなと思った選手が打ったり、良かった選手が打たなかったりということがあった。もう少し様子を見たい」と語った。