茨城県八千代町の無職大里功さん(76)が刺され死亡、妻(73)が重傷を負った事件で、茨城県警は24日午後、下妻署に捜査本部を設置した。捜査関係者によると、近くの防犯カメラに付近を走り去る人影が残っており、県警が関連を調べている。

 県警によると、夫婦の次男は同日午前3時15分ごろ、倒れている夫婦を見つけて通報した。

 捜査関係者によると、カメラは大里さん方から数百メートルに設置。通報の約30分前、性別不明の1人が走って行く様子が写っていた。

 県警は、この人物が何らかの事情を知っている可能性があるとみて行方を追っている。