1964年インスブルック冬季五輪のアルペンスキー男子滑降で金メダルを獲得したエゴン・ツィンマーマン氏(オーストリア)が80歳で死去した。オーストリア・スキー協会が23日、発表した。

 同国西部レッヒ出身。オールラウンダーとして知られ、62年にはワールドカップ(W杯)の大回転で優勝している。(共同)