オリックスが接戦を制した。2―2の六回に西浦の適時二塁打で1点を勝ち越し、七回に吉田正の2ランとロメロのソロでリードを広げた。山岡が6回2失点と好投して3年目で初の10勝目。日本ハムは投手陣が踏ん張れなかった。