柔道の世界選手権は25日に日本武道館で開幕する。日本開催は国立代々木競技場が会場だった2010年以来9年ぶり。来年の東京五輪テスト大会を兼ねて男女個人の各7階級を実施し、9月1日の最終日に東京五輪で初採用される6人制の混合団体が行われる。

 個人の日本は男女各9人が出場。男子66キロ級の阿部一二三と女子52キロ級の阿部詩(ともに日体大)が26日、昨年に続く兄妹での制覇に挑み、27日は男子73キロ級で16年リオデジャネイロ五輪覇者の大野将平(旭化成)が3度目の優勝を狙う。

 大会は各日男女1階級ずつが行われ、いずれも準決勝以降は午後7時から行われる。