セーリングの東京五輪テスト大会最終日は22日、神奈川県江の島ヨットハーバー沖で行われ、五輪代表に決定した女子470級の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)は上位10艇によるメダルレース(最終レース)は3位となり、総合4位だった。

 メダルレースに進んだ男子470級の磯崎哲也、高柳彬組(エス・ピー・ネットワーク)、女子レーザーラジアル級の土居愛実(アビーム)はともに風が吹かなかったためノーレースとなった。それぞれ7位、4位で終えた。