履正社が3―3の同点とされた直後の八回に2点を挙げて競り勝った。先頭で二塁打した内倉をバントで送り、1死三塁から野口の中前打で勝ち越し。さらに2死二塁から岩崎が適時打を放った。

 1点を追う三回は2死から2四球を選んだ後、4番井上が初球の甘く入ったスライダーを中堅左に3点本塁打して逆転した。

 先発の清水が七回途中まで3失点と粘った。2番手の岩崎が好救援し、九回1死一、二塁を併殺で締めた。

 星稜の奥川は本来の球威がなく、序盤から走者を背負う苦しい投球。11安打され、奪三振6だった。打線は二回に1点先制。七回は山瀬と知田の適時打で同点としたが及ばなかった。