日本各地で学ぶ留学生が石川県に集い、伝統文化に触れて相互理解を深める交流イベント「第32回JAPAN TENT―世界留学生交流・いしかわ2019」が22日開幕した。68の国と地域の学生約300人がホームステイしながら、金箔貼りや九谷焼の絵付けなどを体験する。28日まで。

 22日は金沢市で歓迎式典が開かれ、名古屋工業大に留学中のスーダンのムハッナド・カーリドさん(27)が「お互いの関係を強くする大切な機会だ」と日本語であいさつ。安倍晋三首相はビデオメッセージを寄せ「石川に息づくふるさとの心に触れ、日本の伝統文化を感じて」と呼び掛けた。