NHKは22日、大河ドラマ「いだてん」の新たな出演者を発表した。1964年の東京五輪で「東洋の魔女」と呼ばれた女子バレーボール日本代表チームの主将を務めた河西昌枝さんを俳優の安藤サクラさんが演じる。

 同代表チームの大松博文監督役にはタレントの徳井義実さん、初の五輪担当相を務めた川島正次郎自民党幹事長役には俳優の浅野忠信さんを起用した。