【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米経済に対する懸念が和らぎ、前日からの上げ幅が一時260ドルを超えた。午前10時現在は前日比256・38ドル高の2万6218・82ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は84・10ポイント高の8032・66。

 米小売り大手ターゲットなどが朝方発表した四半期決算の内容が市場予想を上回った。米個人消費が堅調だとの見方が広がり、買い安心感が出た。