気象庁によると、21日午後3時、フィリピンの東で熱帯低気圧が台風11号に変わった。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の南西側800キロ以内と北東側190キロ以内は風速15メートル以上の強風域。時速約15キロで北西に進んだ。

 週末の23~24日にかけて沖縄・先島諸島に接近する見通しで、大雨や強風に注意が必要だ。