観光庁が21日発表した7月の訪日外国人旅行者数の推計によると、韓国人客は前年同月比7・6%減の56万1700人だった。日韓関係の悪化が響き、大阪府北部地震や西日本豪雨で打撃を受けた昨年7月より低い水準に落ち込んだ。全体は5・6%増の299万1200人で、1カ月の客数として過去最多を更新した。

 1~7月の累計は1962万4800人。前年同期比4・8%増で、同期間として過去最多。中国や欧米からの誘客が好調だったためで、観光庁の田端浩長官は、2020年の訪日客を4千万人とする政府目標の達成に向け「堅調に推移している」と述べた。