日本郵便がアフラック生命保険の委託を受けて販売するがん保険について、二重払いや一時的な無保険といった顧客に不利益となるケースが、2018年5月~19年5月で約10万4千件に上ることが21日、分かった。日本郵便がシステム対応の不備を放置していたことが原因。無保険と二重払いにならないよう、10月にシステムの改善をする。

 かんぽ生命保険の不正販売では、顧客の不利益となる疑いがある契約が過去5年で約18万3千件あったことが判明し、顧客の不安が拡大する可能性がある。日本郵便はかんぽ生命の保険商品の積極的な販売は自粛しているが、アフラックの販売を継続する考えだ。