【ニューヨーク共同】米アップルは20日、米金融大手ゴールドマン・サックスと提携し、クレジットカード「アップルカード」の発行を米国で正式に始めたと発表した。年会費は無料で、利用額の3~1%が還元される。米大手マスターカードのネットワークを使用する。

 スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のアプリで、利用残高や利用履歴、支払期日を確認できる。安全性を高めるため、カード番号はカードの表面に記載されていない。アプリ内で確認できる。

 アイフォーンで利用できる決済サービス「アップルペイ」を通じて使用した場合の還元率は通常2%となる。