【ロンドン共同】ジョンソン英政権は20日、閣僚や政府高官が9月1日以降、欧州連合(EU)関連会合のうち重要と判断した会合のみ出席すると発表した。離脱後のEUに関わる会合などから高官らを「解放」し、諸外国との通商協議などの離脱準備を加速させるとしている。

 英政府は10月末の離脱期日が近づくにつれ、議題が「離脱後」に移るためだと説明。ジョンソン首相が主張する10月末の離脱実施への強い決意を示す狙いがありそうだが、英紙ガーディアンは「愚か」と批判するEU外交官の声などを伝えた。