【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、米景気を下支えするための「さまざまな減税策を検討している」と記者団に述べた。給与や株式譲渡益に対する課税の軽減案について議論を進めているという。実現すれば消費押し上げの刺激策となるが、財政状況が一段と悪化する恐れがある。

 トランプ氏は給与税の引き下げについて「多くの人が見たがっている」と語った。給与税は社会保障財源の一つで、引き下げれば中間所得層への恩恵が大きいという。

 米経済は低水準で推移する失業率などを念頭に「景気後退からとても離れた状況にある」と強調した。