西武は0―1の五回に秋山の2点適時打で逆転した。六回に山川の適時打、八回には木村の適時打で加点した。ニールが6回1失点で7勝目を挙げ、増田が2年ぶりに20セーブ目に到達した。日本ハムは打線がつながりを欠いた。