「なぜこんな目に遭わなければならなかったのか」。京都アニメーション放火殺人事件で亡くなった従業員ら10人の身元が公表された2日、遺族や関係者は改めて深い悲しみを募らせた。

 「悔しさというより、幸恵がいなくなって変な感じだ。災難としか受け止められない」。津田幸恵さん(41)の父伸一さん(69)は声を詰まらせた。京アニには「亡くなった方の分を補い合い、これまでと同じようにやってほしい」と制作の継続を求めた。

 人気アニメ「らき☆すた」の監督武本康弘さん(47)の妻は「作品を見ていただいたファンの方が評価していただいていることが全てです」とコメントを出した。