日本オリンピック委員会(JOC)は2日、2020年東京五輪の日本選手団の応援団長に元プロテニス選手の松岡修造さん(51)を任命した。東京都内で発表イベントに出席した松岡さんは「僕にとって応援は生きざま。応援は選手に勇気を届けるもの。全員団結し、今までにないぐらい大きな応援をしていこう」と呼び掛けた。

 JOCは「がんばれ!ニッポン!全員団結プロジェクト」を立ち上げ、9月から全国各地で応援イベントを開催する。折り紙に選手へのメッセージを書いてもらい、約1年かけて集約。来年7月に予定される日本選手団の壮行会で渡す予定だ。