2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急落し、前日比453円83銭安の2万1087円16銭で取引を終えた。終値の下げ幅は令和に入って最大で、取引時間中は580円超下げる場面があった。トランプ米大統領による対中制裁関税「第4弾」の発動表明で世界経済への不安が台頭。円相場が1ドル=106円台を付けて1日で2円余り高騰したことや、日韓対立の深刻化も市場の動揺を広げた。

 東証1部では約9割の銘柄が下落し、東証株価指数(TOPIX)は33・89ポイント安の1533・46。出来高は約15億4400万株だった。