鹿児島県霧島市で2018年2月、駅伝大会開催中の市道交差点で車同士が衝突し、1台に乗っていた当時生後6カ月の女児が死亡した事故に絡み、鹿児島県警は2日、業務上過失致死傷の疑いで、現場で交通整理をしていた鹿児島中央署の男性巡査部長(37)を書類送検した。

 書類送検容疑は、霧島署に勤務し、駅伝大会の交通整理中だった18年2月21日午後0時45分ごろ、赤信号に切り替えていた道路で停止していた車に発進を指示、車は交差する道路から直進してきた別の1台と衝突し、女児を死亡させた他、30代と80代の男女計3人に全身打撲などのけがをさせた疑い。