高知県立牧野植物園(高知市)は2日、展示館を改装して新設した「展示館シアター」を報道陣に公開した。同シアターでは「日本の植物学の父」といわれる牧野富太郎が描いた植物画を、高画質の4K映像で楽しむことができる。新しい展示館のオープンは3日。

 展示館シアターでは、筆で描かれた植物画を拡大して見ることができる。4K映像のため拡大してもぼやけることがなく、肉眼で見るより鮮明に見ることができるという。また、3D化した植物をコントローラーで自由に動かし観察することもできる。

 現在4K映像は1本だが、2020年3月までに3本追加する予定。