【ワシントン共同】日米両政府は1日午後(日本時間2日午前)、米ワシントンで貿易交渉の閣僚協議を開いた。自動車や牛肉など意見の隔たりが大きい分野を中心に議論。トランプ米大統領が参院選後の迅速な交渉決着に期待感を示していることを踏まえ、協議を加速させることで一致した。

 茂木敏充経済再生担当相は協議終了後に記者会見し「議論が煮詰まってきているのは間違いない」と述べ、協議が進展しているとの見方を示した。米国側の責任者を務めるライトハイザー通商代表とは、合意に向け残された時間が少ないという認識を共有したとも述べた。閣僚協議は2日午前も実施する。