【ニューヨーク共同】大手回転ずしチェーン「くら寿司」の米子会社が1日、米ナスダック市場に上場した。くら寿司によると、日系の外食企業による米株式市場での新規株式公開(IPO)は初めて。終値は19ドル台と公開価格14ドルを上回る好調な滑り出し。上場で得た50億円超を使って全米で出店を加速させる。

 ニューヨークで記者会見したくら寿司の田中邦彦社長は、米国の外食産業をリードしているのはマクドナルドなどのファストフードだと指摘。「日本発のファストフードであるすしにもチャンスはある」と事業拡大に意欲を示した。