九州新幹線長崎ルートで未着工となっている新鳥栖―武雄温泉(佐賀県)の整備方式について、与党検討委員会は、建設中の区間と同じフル規格に絞り込む方針を固めた。複数の関係者が1日、明らかにした。5日に開く会合で、検討委の結論として提示する。

 検討委は8月上旬にも沿線の佐賀、長崎両県、営業主体のJR九州に結論を伝える見通し。財政負担の大きいフル規格に反対している佐賀県の理解を得るため、国土交通省と両県、JRで協議するよう訴える考えだ。

 与党は8月末にまとめる2020年度予算の概算要求に、着工に先立つ環境影響評価(アセスメント)の費用などを盛り込みたい意向だ。