茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、茨城県警は18日、傷害の疑いで指名手配していた宮崎文夫容疑者(43)を大阪市東住吉区で逮捕した。16日に手配し捜査員を同区付近に派遣、行方を追っていた。県警や捜査関係者によると、職業は会社役員で「殴ったことは間違いない」と容疑を認めている。

 同じ車が愛知県と静岡市でもあおり運転をしており、県警は同様の行為を繰り返していたとみている。19日未明に茨城県警取手署に移送された。

 県警は18日、犯人蔵匿と犯人隠避容疑で、交際相手で大阪市東住吉区の会社員喜本奈津子容疑者(51)を逮捕した。