サッカーのJ1でチョウ貴裁監督にパワハラ行為の疑いが生じている湘南は17日、神奈川県平塚市内でサポーターと意見を交換する「クラブカンファレンス」を開き、真壁潔会長は「ご心配をかけ、申し訳ない状況に陥っている。(Jリーグの)調査を受けて結論を出したい」と述べた。

 クラブの予想を超える約600人が集まった。真壁会長は「オフィシャルに何の調査をするかを聞いていない」とし、調査終了まで監督が指導を控える決定については「(監督が)重要参考人ならば、選手と接触する時間を放置できないと判断を下した」と説明した。