【フェニックス共同】中国の電子商取引最大手アリババグループのジョー・ツァイ副会長が米プロバスケットボール、NBAのネッツを米スポーツ史上最高額で買収し、新オーナーに就任することになったと、AP通信が16日報じた。

 昨年49%の保有権を取得し、今回は残りの51%を買収することで合意。合計で約23億5千万ドル(約2490億円)の買収額は、22億ドルで売却されたNBAのロケッツを抜いて米スポーツチームで最高額になるという。

 ツァイ副会長はニューヨークのブルックリン区にある本拠地アリーナも約10億ドルで買収する。