【香港共同】香港の「逃亡犯条例」改正案を巡り、大学学生会などは16日夜、香港中心部で抗議集会を開き、約千人が参加した。米国や英国に対し、「一国二制度」の下で香港に約束された高度の自治や自由を損なう行動を取った当局者に、資産凍結や入国禁止などの「制裁」を科す法律の制定を呼び掛けた。

 英国には、香港に圧力を加える中国について、高度な自治の原則を確認した1984年の「英中共同声明」に違反していると確認することも求めた。

 香港メディアによると、集会は宣言を発表。国際社会と連帯して、改正案の完全撤回などを求め続けると表明した。