ホテル運営のユニゾホールディングスは16日、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)による敵対的株式公開買い付け(TOB)への対抗策を発表した。ソフトバンクグループ傘下の米投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループが「ホワイトナイト」となり、友好的なTOBでユニゾ株を買い付ける。

 ユニゾを巡り、現経営陣がフォートレスの支援を得て、HISと争うTOB合戦に発展した。別の米投資ファンドがユニゾ株を大量取得したことが分かっており、波乱含みの展開も想定される。

 ユニゾは株主に対し、フォートレスのTOBへの応募を呼び掛けた。買い付け価格は1株当たり4千円。