2017年4月に北九州市の私立高2年だった女子生徒=当時(16)=が自殺した問題で、再調査をしていた福岡県の第三者委員会は16日、「いじめが自殺の主な原因とは断定できない」とする報告書を公表した。一方で友人関係のトラブルが何らかの影響を与えたとの認識を示した。

 学校の第三者委は昨年6月、複数の女子生徒から3件のいじめがあったとした上で、自殺との明確な因果関係はないとする報告書をまとめた。納得できない生徒の両親は県に再調査を求めていた。父親はこの日県庁で記者会見し、いじめが原因の一部と認められたとの認識を示した上で「再び学校と話す場を持ちたい」と述べた。