明石商が小技で得点を奪い、サヨナラ勝ち。1―2の八回に三盗を決めて1死三塁とし、エンドランを仕掛けて同点。延長十回は1死満塁から河野のスクイズで試合を決めた。杉戸は一回に2ランを浴びた後は制球良く打たせて取った。10安打を浴びながら、10回を2失点完投した。

 宇部鴻城は2人の継投で粘り強く失点を防いだが、打線がつながらず。