【北京共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が16日、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに対応したスマートフォンの販売を始めた。予約段階で既に100万台を突破し、順調な滑り出しを見せた。ただトランプ米政権による部品輸出禁止措置がいまだに解消されず、不安を抱えた船出となった。

 新型「Mate 20 X 5G」の価格は6199元(約9万3千円)と、3千~4千元で高機能スマホが買える中国市場では高め。だがファーウェイによると、発売前日の15日時点でインターネット通販サイトでの予約は100万台以上に上った。