【北京、上海共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は16日、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに対応したスマートフォンの販売を中国で始めた。同社が中国で5Gスマホを売り出すのは初めて。日本での販売予定は不明。

 ファーウェイは5Gの基地局設備で世界最先端の技術を持つとされる。スマホなど消費者向けの端末でも実績を積み上げ、米政権による輸出禁止措置などの圧力をはね返し、5Gを巡る競争を勝ち抜きたい考え。中国政府もファーウェイを後押しし、中国での普及を推進する構えだ。

 販売するスマホは「Mate 20 X 5G」で、価格は約9万3千円。