台風10号に伴う欠航や遅延が相次いだ関西空港では16日、運航再開を待つ約1700人の利用客が空港ロビーなどで一夜を明かした。空港を運営する関西エアポートは、昨年9月の台風21号で関空が孤立した際の教訓を生かして対応に当たった。

 関空では15日午後10時現在、国際線と国内線で発着の232便が欠航となった。遅れも生じ、ターミナルビルは大勢の人で混み合った。関西エアは空港に泊まり込む利用客のため、飲料水や寝袋を1500個ずつ用意。配布カウンターには長蛇の列ができた。

 対岸を結ぶ連絡橋の車両通行規制は16日未明に解除となり、早朝から航空機の運航が再開した。