J1磐田は15日、鈴木秀人監督(44)が退任すると発表した。後任は未定で、小林稔ヘッドコーチ(43)が暫定的に指揮を執る。八戸に6―0で大勝した14日の天皇杯全日本選手権3回戦は小林氏が代行していた。

 磐田は今季、3勝5分け9敗で最下位に低迷していた6月末に名波浩前監督が辞任し、鈴木氏がヘッドコーチから昇格した。ただ、鈴木氏の監督就任後もリーグ戦で1勝4敗と立て直せず、最下位に沈んだままだった。