14日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発し、終値は前日比199円69銭高の2万0655円13銭だった。米政権が対中制裁関税「第4弾」で一部品目への発動時期を延期すると前日に発表し、米中貿易摩擦への警戒感が和らいだ。円安ドル高の進行も追い風となり、幅広い銘柄に買い注文が入った。

 東証株価指数(TOPIX)は12・93ポイント高の1499・50。出来高は約10億6300万株。

 米通商代表部は13日、中国からの輸入品3千億ドルに10%の追加関税を課す第4弾制裁に関し、スマートフォンなど一部品目への発動を9月1日から12月15日に延期すると発表した。