仙台育英が着実に加点した。一回に小濃の本塁打や猪股の2点二塁打など6長短打で4点先制。四回には中里の適時打などで2点。1点差とされた後半は六、七回に1点ずつ挙げて引き離した。投手陣は救援の大栄と笹倉が好投した。

 鳴門は四回に5長短打を集めて5点を挙げたが、以後は好機に1本が出なかった。5失策と守備も乱れた。