【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米国が対中制裁関税「第4弾」を巡り、一部品目の発動延期を発表したのを好感して反発し、前日比372・54ドル高の2万6279・91ドルで取引を終えた。前日からの上げ幅が500ドルを超える場面もあった。

 米通商代表部(USTR)が13日、9月に予定していた対中制裁関税に関し、スマートフォンやゲーム機などへの発動を12月に延期すると発表。主力製品のスマホ「iPhone(アイフォーン)」が対象になるアップルが急上昇し、相場全体を押し上げた。