ヤクルトが乱打戦を制した。7―7の七回にバレンティンの適時二塁打で1点を勝ち越した。5番手の梅野が今季初勝利。DeNAは3連敗を喫した。三回までに5―1とリードしながら、先発した上茶谷が4回7失点と崩れた。