日航は13日、10日午後4時10分の鹿児島発羽田行き650便に乗務予定だった男性副操縦士(54)からアルコールが検出されたため、交代させたと明らかにした。鹿児島での乗務前のアルコール検査で、呼気1リットル当たり0・09ミリグラムを検出した。今後、処分する方針。運航に遅れはなかった。

 日航は6月から、滞在先では勤務開始の24時間前から禁酒としている。副操縦士は10日未明にコンビニで日本酒を購入し、出発の約2時間前、誤って飲んだと説明しているが、日航は検出された値とは矛盾があるとみており、詳しく調べている。