智弁和歌山が1点を追う七回に3本塁打などで一挙7点を挙げて逆転勝ち。1死一、三塁から黒川の適時打で追い付き、細川の3点本塁打で勝ち越し。根来が2点本塁打、東妻も2者連続本塁打で続いた。矢田が5回1失点と粘り、継投した池田は4回無失点。

 明徳義塾は新地が六回まで無失点と好投したが、七回に打ち込まれ、打線も援護できなかった。