37年ぶりに全国高校野球選手権大会への出場を果たした立命館宇治高(京都府宇治市)の吹奏楽部が13日、星稜高(金沢市)との2回戦で、放火殺人事件の被害に遭った京都アニメーション制作の人気テレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の主題歌を応援曲として演奏した。

 京アニの本社は宇治市にあり、事件後に甲子園出場が決まると、地域住民から「甲子園で演奏して、ファンや関係者らを励ましてほしい」と提案があった。一回裏の攻撃、吹奏楽部員ら約80人が額に汗を光らせながら、ユーフォニアムなどで軽快なリズムを奏でた。生徒らも赤色のメガホンをたたいてもり立てた。