11日夜にNHK総合で放送された大河ドラマ「いだてん」の平均視聴率が、関東地区で5・9%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。大河ドラマでは記録が残る1994年以降の過去最低を更新した。関西地区では5・2%だった。

 これまでの関東地区での最低視聴率は、6月9日に放送された「いだてん」の6・7%で、2月10日放送回以降は1桁台が続いている。