履正社が快勝した。二回に清水の適時打で1点を先制。三回は桃谷の二塁打など5長短打を集めて5点を挙げた。各打者とも振りが非常に鋭く、打球が伸びた。清水は適度な荒れ球が効き、9奪三振で3失点完投した。

 津田学園の前は制球がややばらつき、甘く入ると痛打された。打線は中盤以降に清水を捉えたが、序盤の失点が響いた。